イビョンホンの悪役イメージ

韓国俳優のイビョンホンさんが出演する映画「良い奴、悪い奴、変な奴」が話題になっていますが、イビョンホンさんの今回の悪役イメージについてはいろいろな意見があるようです。当のご本人はどう思っているのでしょうか。

今までのイビョンホンさんの役柄としては優しいイメージの役柄が多かったようですが、今回の映画では悪役を演じているようです。イビョンホンさん自身もそのことには悩んでいたらしいのですが、結果的にはいい経験となったようです。

イ・ビョンホン「典型的な悪役は避けるべきだと思う」

イビョンホンさんが演じている役は自分の目的のためなら殺人もいとわないチャンイ役を演じているようで、ファンに与える印象も考えると悩みが多い役柄のようだったみたいです。

けれども、結果的には演じることの楽しさを改めて発見したようで、イビョンホンさん自身にとっては演じる上でいい経験のできた映画になったもようです。

映画「良い奴、悪い奴、変な奴」は1930年代の満州を舞台に繰り広げられるおもしろそうな映画に仕上がっています。